2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« アクション俳優としてのClint Eastwood最高作 | トップページ | John Scofield初期の傑作 »

2007年6月14日 (木)

Eastwoodの「シェーン」へのオマージュ

Pale 「ペイルライダー("Pale Rider")」 (米,'85,Warner Brothers)

監督:Clint Eastwood

出演:Clint Eastwood, Michael Moriarty, Carrie Snodgress, Christopher Penn, Richard Dysart, Sydney Penny, Richard Kiel, Doug McGrath, John Russell

誰もが一見して気づいてしまうClint Eastwoodによる「シェーン」へのオマージュと言うべき作品である。しかし,そのトーンは「シェーン」よりははるかにダークである。これがEastwoodらしいところと言えばそのとおりである。「恐怖のメロディ」で監督デビューしたEastwoodも,監督業が相当板についてきた時期の作品と言ってよく,非常に安定した作風で,映画としても結構よく出来ている。

Palerider4 「シェーン」との類似性は細かく言うだけ野暮というほどはっきりしているが,EastwoodはAlan Laddほど健康的でないし,「シェーン」ならBrandon De Wildeに相当するMeagan役のSydney Pennyは子役というには色気があり過ぎる(というよりも相当可愛い)が,それでもさまざまなプロットはどこからどう見ても「シェーン」である。私は西部劇ファンとして「シェーン」は屈指の名作と断言するが,この作品も「シェーン」と比較すれば,難癖つけることはできるのだが,単独作品としては楽しめるものであり,印象的なシーンも多い。冒頭の馬群を見るだけでも西部劇ファンはワクワクすること間違いなしである。

それよりも,私は1985年というまさに西部劇不遇の時代に,敢えてこの作品を世に問うたEastwoodに拍手を送りたい。この作品はちゃんとしたドラマになっていて,西部劇に対するEastwoodの想いがよく表れていると言ってもよいだろう。この映画は全編を覆うトーンはかなり暗いし,単純明快,勧善懲悪というステレオタイプな西部劇ではないので,アクションの爽快感などは期待できない。しかし,この映画は何度見ても飽きないという大した作品なのである。ということで私はこの作品を結構高く評価している。星★★★★☆。

 

« アクション俳優としてのClint Eastwood最高作 | トップページ | John Scofield初期の傑作 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/15425947

この記事へのトラックバック一覧です: Eastwoodの「シェーン」へのオマージュ:

« アクション俳優としてのClint Eastwood最高作 | トップページ | John Scofield初期の傑作 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作