最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 主流派になった(?) Bobby Hutcherson | トップページ | アクション俳優としてのClint Eastwood最高作 »

2007年6月12日 (火)

Charlie Hadenのモントリオール・テープ・シリーズECM編

Haden_gismonti "In Montreal" Charlie Haden and Egberto Gismonti (ECM)

Charlie Hadenが1989年にモントリオール・ジャズ・フェスティバルのホスト・ミュージシャンを務めたときの音源はいくつか発売されている(Liberation Music Orchestraまである)が,そのシリーズとしてECMレーベルから発売されたのが本作品である。

HadenとGismontiと言えば,Jan Garbarekも交えたトリオ作が2作あり,ECM好きにとってはたまらない出来になっていた。よって,Garbarek抜きとは言え,この作品には期待してしまうのでは当然である。かつ,デュオ名人と言われるHadenがGismontiと組んだデュオ・セッティングではその期待値は倍増してしまう。

結果はどうだったか。聴衆の盛り上がりからもわかるとおり,これは期待通りと言えるだろう。GismontiのECMレーベルでの作品発表が近年停滞する中,彼が最近どのような活動をしているのかを知る由もない(というかフォローしていない)が,これだけギターやピアノを弾きまくるのを聞ける作品もないわけで,長年のGismontiファンにとっても嬉しい作品である。ピアノを弾くと残響の少ないKeith的だが、いずれにしても大したギタリストであり、ミュージシャンである。星★★★★。

Personnel: Charlie Haden(b), Egberto Gismonti(g, p)

« 主流派になった(?) Bobby Hutcherson | トップページ | アクション俳優としてのClint Eastwood最高作 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/15371982

この記事へのトラックバック一覧です: Charlie Hadenのモントリオール・テープ・シリーズECM編:

« 主流派になった(?) Bobby Hutcherson | トップページ | アクション俳優としてのClint Eastwood最高作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作