2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« あまりに早熟過ぎてその後が今一歩のRoy Hargrove | トップページ | Bill Evans:"You Must Believe in Spring"のトリオによるスイスでのライブ »

2007年5月24日 (木)

豪華なメンバーで録音されたAndy Summersのフュージョン作

Summers "World Gone Strange" Andy Summers (Private Music)

Policeのギタリスト,Andy Summersのアルバムをジャズのカテゴリーに入れるのもどうかという話もあるが,これは1991年にリリースされた完全なフュージョン・アルバムなので,ジャズに分類することにする。

Police解散後はRobert Frippとの共演や,ジャズへの傾斜("Green Chimmnies"というThelonius Monk集まで作ってしまった!)等,完全に趣味の世界を突っ走るAndy Summersであるが,最もフュージョン色が強まったのが本作及びこの前作である"Charming Snakes"だろう。Herbie Hancock,Bill Evans(saxの方)やMark Isham等が参加した"Charming Snakes"も捨て難いが,Mike Mainieriがプロデュースに当たった本作にはその筋の強者が集まっており,より完成度が高いように思える。

本作でSummers(g)を支えるリズム・セクションはMitchell Forman(key),Tony Levin(b),Chad Wackerman(ds)とかなり強力である。更にゲストとして,Eliane Elias,Victor Bailey,Nana Vasconselos,その他を迎えており,Mainieri(あるいはSteps Ahead)人脈を活かした豪華な布陣である。前作と異なり(1曲を除いて)ホーンが入っていない分,Summersのソロ・スペースが豊富になっており,Summersファンには嬉しいところである。

本作では全曲Summersが作曲しているが,一般のフュージョンよりもウェットな感覚が強く,その辺りがSummersらしいとも言える。本作を歴史的な名作とは言わないが,凡百のスムーズ・ジャズとは一線を画した快作であり,より多くのリスナーに注目して欲しい作品である。星★★★★。ただし,このアルバムはもはや廃盤となり,マーケットからは姿を消してしまったようだが,心配することはない。しょっちゅう中古盤でお目に掛かるので,入手はそれほど困難ではない。

ところで,余談だがこのアルバムが出た当時,私はAndy Summersのライブをニューヨークのタウンホールで見たことがある。そのときはMichael Brecker Bandとのダブルビルだったのだが,どちらかと言うとオーディエンスはジャズ寄りの人たちが多かったようで,一部でBreckerが引っ込んで,休憩後Summersがかなりロック・タッチの演奏を展開するや,ぞろぞろと客が帰っていったのが妙に印象に残っている(最初ほぼ満員だったのが,最後まで残ったのは3割ぐらいしかいなかったように記憶している)。決して悪い演奏だったとは思わないので,このアルバムのような演奏をすれば,もう少し聴衆に受けたのではないかと思うのだが,ややロック度が強すぎたかもしれない。こうした逸話からしても,Police解散後ある意味日陰の道を歩み続けたSummersがPolice再結成に向かうのも致し方ない話なのかもしれない。

Recorded between May 21 and June 14, 1991

Personnel: Andy Summers(g), Mitchell Forman(key), Tony Levin(b), Chad Wackerman(ds), Eliane Elias(p, vo), Victor Bailey(b), Nana Vasconcelos(perc), Manolo Badrena(perc), Mino Cinelu(perc), Mike Mainieri(marimba), Bendik(ss)

« あまりに早熟過ぎてその後が今一歩のRoy Hargrove | トップページ | Bill Evans:"You Must Believe in Spring"のトリオによるスイスでのライブ »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪華なメンバーで録音されたAndy Summersのフュージョン作:

« あまりに早熟過ぎてその後が今一歩のRoy Hargrove | トップページ | Bill Evans:"You Must Believe in Spring"のトリオによるスイスでのライブ »

Amazon検索

2018年おすすめ作