2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 感動的なMichael Breckerの遺作 | トップページ | Alan Parsons Projectのリマスター・ベスト盤 »

2007年5月18日 (金)

予告:近いうちにウルトラセブンを語ることにします

Photo_11 このブログを結構見てくれている友人と飲みに行ったのだが,いつになったら「円谷シリーズ」は始まるのだと聞かれてしまった。このブログの本題とは異なるが,リクエストに応えて近いうちに円谷プロの傑作「ウルトラセブン」について語ると約束してしまおう。

私の同年代たるもの,アンヌ隊員に胸をときめかせたに違いないので,そういう観点も含めて語ってみたいと思う。乞うご期待(?)

« 感動的なMichael Breckerの遺作 | トップページ | Alan Parsons Projectのリマスター・ベスト盤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は「帰ってきたウルトラマン」が一番好きです。
隊長交代の回は特に好きです。
円満な人柄の隊長が惜しまれながら転出され、NYから戦闘機を自分で操縦するばりばりの新隊長が到着するその間の出来事。あと仕事マニアの隊長に家族旅行をさせるエピソードも好きです。小学生くらいのお嬢さんが「私も大きくなったらMATに入る」と言うのに父親である隊長が「昔軍隊、今MATか」とつぶやいたり、浴衣でくつろぎながら定時の連絡を入れたり(^^)

「帰ってきたウルトラマン」ですか。あのシリーズはちょっと暗いのが難点かなぁ。榊原るみと岸田森は途中で殺されちゃうし。結構ショッキングな展開でした。初代隊長って根上淳だったかな。いろんなエピソードを記憶しているあなたも結構マニアックですな。

交代した二代目の隊長(伊吹隊長)が根上淳です。
私は今までウルトラセブンの方が暗いと思っていました。
制服がグレーだったし、何かというと参謀が現場に偉そうに口を出していたし。ネズミがくるくる輪を回転させるシーンが歯止めのない軍拡競争を暗示して終わったときもありましたっけ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予告:近いうちにウルトラセブンを語ることにします:

« 感動的なMichael Breckerの遺作 | トップページ | Alan Parsons Projectのリマスター・ベスト盤 »

Amazon検索

2018年おすすめ作