最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« "Stop Making Sense":ロック・フィルム史上屈指の傑作 | トップページ | 何とも繊細なピアノ・タッチの後藤浩二 »

2007年4月25日 (水)

Quest待望の復活作

Redemption "Redemption: Quest Live in Europe"  David Liebman, Richie Beirach, Ron McClure, Billy Hart (Hat Art)

伝説の名バンド、Quest待望の復活作である。アルバムの録音はほぼ15年ぶりと思われるが、相変わらずのハイブラウぶりには、私のような長年のファンは嬉しくなってしまう。本作は2005年のヨーロッパ・ツアー時の実況録音であるが、これがQuestとしてのパーマネントな活動の再スタートとなるのか、一時的な再編に留まるのかはわからないが、是非継続的に活動して欲しいものである。

本作はLiebmanとBeirachによるデュオ、"Round Midnight"で幕を開けるが、その素晴らしさにまずは感動するのだが、その後に続くフリーなアプローチにはややのけぞる。Liebmanのテナーはまるで後期コルトレーンのようである。アルバムのかなりの部分がコレクティブ・インプロビゼーション的なので、一般のリスナーには厳しいかもしれないが、これもファンにはたまらないところである。もう少しインテンポの曲があってもよさそうなものだが、ここは復活に免じて文句は言うまい。私にとってはコペンハーゲンのライブ("Quest Ⅲ")が今でも最高だが、この作品もファンの期待に応える佳作である。星★★★★。

ベース、ドラムスは異なるが、彼らの第1作を吹き込んだのは今はなき日本のトリオ・レコードであったことは、今も世界に誇ってよい事実である。あの頃は日本のレコード会社もまともであった...。

Recorded Live on November 2 & 3, 2005

Personnel: David Liebman(ss, ts, fl), Richie Beirach(p), Ron McClure(b), Billy Hart(ds)

« "Stop Making Sense":ロック・フィルム史上屈指の傑作 | トップページ | 何とも繊細なピアノ・タッチの後藤浩二 »

ジャズ」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

引き続きコメントです。

これは興味深いですねえ。特に1曲目のRound Midnightのデュオというのが気になります。昔のデュオアルバム「オマータ」(違ったかな?)か何かでもやっていたような。

で、アマゾンで買おうと思ったら売ってませんでした。と思ったら、オパールハートがCD化されているのを発見。どうしようかなあ。結構普通のカルテットでテナー中心で吹いてていいんですよねえ。あれ。

このQuestはディスクユニオンで2,000円ちょっとで売ってまっせ。ご参考まで。

最近ユニオンに行くこともないんですよねえ。OCのころはすぐだったんですが。連休中にちょっと行ってみますかね。

さて、宣伝ですが、初You Tube投稿というのをやってみました。私のblogから見られますので、お暇なら。

ではそのうち拝見します。ライブ映像?

そうです。グロスマン大会(笑)。

このメンバーでの新録はないと思っていただけに、この春、レーベルで検索してこのアルバムを見つけたときは小躍りしてしまいました。演奏的にはフリー方面にも寄り添ってハードな内容が多いですが、自分的にはこういう演奏も好きなので、逆に一人で盛り上がっています(笑)。

TBさせていただきます。

910さん,コメント,TBありがとうございました。

そうですねぇ。このハードな感覚についていける人にとってはこれが快楽になってしまうと思います。私も同じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/14832808

この記事へのトラックバック一覧です: Quest待望の復活作:

» Redemption/David Liebman, Richie Beirach, Ron McClure, Billy Hart [ジャズCDの個人ページBlog]
久しぶりのHatologyレーベル聴き。3枚5月に購入していて、それらはデイヴ・ [続きを読む]

« "Stop Making Sense":ロック・フィルム史上屈指の傑作 | トップページ | 何とも繊細なピアノ・タッチの後藤浩二 »

Amazon検索

2017年おすすめ作