最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« リズムが強烈な燃えるハード・フュージョン | トップページ | 時差はつらいよ »

2007年4月12日 (木)

吉田修一の新作は映画を見るような...

Photo_3 「悪人」 吉田修一 (朝日新聞社)

今日は小説について書いてみたい。吉田修一の新作は朝日新聞の連載小説の単行本化であるが,吉田にとっては最大の長編となった。これまでの吉田修一の作風は劇的な要素はあまり持たせることなく,淡々とストーリーを展開することが多かったように思うが,本作は初の連載小説ということもあるかもしれないが,従来の作風と随分違うように思える。

この小説を読んでいて,強く感じるのは「映画的」ということである。特に昔なら「ナッシュビル」,最近ならば「トラフィック」や「クラッシュ」のように,一つの物語を重層的なサブ・ストーリー,登場人物が彩っていくという感覚が非常に強い。これは私の想像であるが,吉田としてもそうした映画的な要素を相当意識して作ったとしか思えないほど,この小説は映画的な色合いが強く出ている。オリジナリティとしてはやや疑問を感じるが,こうした展開はよほど構成(映画で言えばシナリオである)がしっかりしていないと,さっぱり訳のわからない世界に陥るものだが,吉田のこの小説は,構成的にも,ストーリー的にもかなりよく出来ていると言ってよいだろう。

後半(特に最終章に顕著だと思う)になるにつれて,やや強引なストーリー展開や不要な挿話,無理な人物造形等を感じさせるのは残念ではあるが,小説全体を一気に読みとおすことができたし,エンターテインメントとしても十分楽しめた。従来の吉田のカラーと異なる個性を打ち出したことも評価して星★★★★。

蛇足ながら,出てくる人物のほとんどがさまざまな嘘をつくことに「悪人」というタイトルの所以があるように感じる。

« リズムが強烈な燃えるハード・フュージョン | トップページ | 時差はつらいよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/14636934

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田修一の新作は映画を見るような...:

« リズムが強烈な燃えるハード・フュージョン | トップページ | 時差はつらいよ »

Amazon検索

2017年おすすめ作