2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Steve Millerの傑作の30周年記念盤 | トップページ | Yesでこそ光るRick Wakeman »

2007年2月 4日 (日)

Annette Peacockの好アンソロジー

Annette_peacock "My Mama Never Taught Me How to Cook: the Aura Years 1978-1982" Annette Peacock (Aura→Sanctuary)

Annette PeacockがAuraレーベルに残した音源,即ち1978年の"x-Dreams"及び1979年の"Perfect Release"の全曲と,1982年のレーベル・コンピレーション"The Collection"からPeacockの2曲("Perfect Release"のアウトテイク)を加えて構成された非常にお買い得なコンピレーションである。これらの音源のオリジナル・フォームでのCDはかなり高値となりつつあるので,オリジナルにこだわるコレクター以外で,純粋に音楽だけ楽しめればよいという向きには本盤を薦める。

Annette Peacockのシンガーとしての位置付けや評価というのはどういうものなのか,実ははっきりしないのであるが,Auraレーベル時代の音源は,おそらく彼女のもっともロック寄りの演奏と考えてよいように思える。Mick Ronson,Chris Spedding,Bill Bruford,Max Middleton等のバックの助演陣を見れば,彼女の人脈を理解するヒントになるだろう。私の好みもあるのだが,助演陣ではMax Middletonのエレクトリック・ピアノが特によい。Jeff Beckの"Blow by Blow"で聞かせた世界がよみがえってくる。

いずれにしてもここに収められた音楽は英国的なウエットな感覚に溢れており,これはかなりよい。Patti Smithが好きなリスナーであれば気に入るタイプの音楽だろう。ということで,優れた編集方針とお買い得感も含めて星★★★★★。

« Steve Millerの傑作の30周年記念盤 | トップページ | Yesでこそ光るRick Wakeman »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Annette Peacockの好アンソロジー:

« Steve Millerの傑作の30周年記念盤 | トップページ | Yesでこそ光るRick Wakeman »

Amazon検索

2018年おすすめ作