最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 2ndも素晴らしいJohn Legend | トップページ | 三日月顔の女流ピアニスト対Roy Hargrove »

2007年1月25日 (木)

David Friesenとギターの共演盤

David_friesen"Connection" David Friesen(ITM)

70年代の後半に確かInnerCity(?)とか言うレーベルからアルバムを発売し,局地的に注目を浴びたことがあるDavid Friesenだが,その後もしぶとくアルバムは発売してきた。私もひいきのDenny Zeitlin(p)とのデュオぐらいは購入していたが,それ以外には別に興味があったとは言えない。

このアルバムがそんな私の購入意欲をそそったのは,①2枚組で結構安価なこと,②ディスク1はギター~ベースのデュオという私が好むセッティングだったこと,③ディスク2には後期Bill Evans Trioのドラマー,Joe LaBarberaが参加し,半数はスタンダードを演奏していることなどが挙げられる。結論から言えば,演奏そのものは決して悪くはないのだが,平均的な出来というのが正直なところであり,星にすれば★★★☆というところであろう。

こうした音楽をライブの場で聞けば,別の感慨もあるはずだが,CDでの鑑賞音楽としては別に2枚組で発売するほどのものではないように思う。また,ここでは録音のせいもあるかもしれないが,Friesenのベースの音には好き嫌いが分かれるだろう。少なくとも私にはやや高音域の多用が鼻につくのが難点である。

また,本作に全面参加するLarry Koonseは某CDショップ店頭ではかなりプッシュされているようだが,それほど優れたギタリストだろうか?Friesenとの相性は悪くないとは思うが,別にここでのギタリストが彼である必然性はないように思う。但し,コスト・パフォーマンスは悪くないので,十分に元は取れる音源ではある。これでオリジナルを忘れて,スタンダードに徹してくれれば,尚よかったが....

Recorded on Feb.12/13, 2005 in Phoenix, Arizona(Disk1) and January 21/22, 2001 in California(Disk2)

Personnel: David Friesen(b),LarryKoonse(g),Joe LaBarbera(ds,Disk2のみ)

« 2ndも素晴らしいJohn Legend | トップページ | 三日月顔の女流ピアニスト対Roy Hargrove »

ジャズ」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/13647763

この記事へのトラックバック一覧です: David Friesenとギターの共演盤:

« 2ndも素晴らしいJohn Legend | トップページ | 三日月顔の女流ピアニスト対Roy Hargrove »

Amazon検索

2017年おすすめ作