2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Brad Mehldauのディスコグラフィと入手困難盤 | トップページ | Lee Ritenourのダイレクト・カッティング盤 »

2007年1月 4日 (木)

Brad Mehldauの入手困難盤(2)

Joshua_redman_france_musique_1"Joshua Redman Live" (Warner Brothers Promotional Copy)

Brad Mehldauの入手困難盤シリーズ第2弾として,Joshua Redmanのプロモーション盤を紹介しよう。収められているのは,パリのVirgin Megastoreにおける当時のJoshuaのレギュラー・クァルテット(Redman,Mehldau,Larry Grenadier,Brian Bladeという今にして思えば凄いメンツである)によるライブ2曲と,ラジオの放送音源と思われるBradとJoshuaのデュオ2曲である。特にデュオというセッティングでの演奏は珍しいところで,Bradのピアノを楽しめるという点ではこちらの方がはるかにいい。演奏としては相応に楽しめるが,そこはプロモ盤ゆえ,それほどの完成度を求めるべきものでもないが,オマケで星★★★★ということにしよう。

このCDの入手を難しくしているのは,1000枚限定という枚数の少なさに尽きる(ご丁寧にシリアル番号まで振ってある)が,恐らく流通したのもフランスが中心と思われるので,これを日本で入手するには気長にeBayのサーチに引っ掛かってくるのを待つしかないだろう。私もeBayでドイツのセラーからゲットした口であるが,結構厳しいバトルの末の入手であった。

Recorded on January 4(track 3/4) and 7(track 1/2), 1994

Personnel: Joshua Redman(ts),Brad Mehldau(p),Larry Grenadier(b),Brian Blade(ds)

« Brad Mehldauのディスコグラフィと入手困難盤 | トップページ | Lee Ritenourのダイレクト・カッティング盤 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/13268353

この記事へのトラックバック一覧です: Brad Mehldauの入手困難盤(2):

« Brad Mehldauのディスコグラフィと入手困難盤 | トップページ | Lee Ritenourのダイレクト・カッティング盤 »

Amazon検索

2018年おすすめ作

2017年おすすめ作