最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

2017年3月27日 (月)

実家から持ち帰ったJeff Kashiwaの初リーダー作

"Remember Catalina" Jeff Kashiwa(Fahrenheit)

_20170325先日,お彼岸で実家に帰った際に何枚か持ち帰ったCDの1枚である。Jeff Kashiwaと言えば,Rippingtonsでの活動が知られるところだと思うが,そんな彼の初リーダー作がこれのはずである。

本作がリリースされた頃は,私は某金融機関へ出向の身で,日頃,かなりのストレスを抱えながら仕事をしていたのだが,そういう私の心情が,こういうCDに目を向けさせたのではないかと思う。音楽としては典型的なスムーズ・ジャズである。スムーズ・ジャズという言葉ももはや死語と化したが,言い方を変えれば,ライト・フュージョンである。こうした音楽のいいところは,何も考えずに気楽に聞けることであり,ストレスフルな生活を送っている中,音楽もシリアスなものなど聞いてられないと思っていたのではないか。

世にあるスムーズ・ジャズも当然のことながら,いいものもあれば,そうでないものもある。正直言って全く聞くに値しないようなものもあるが,本作を久しぶりに聞いてみると,結構悪くないと思ってしまった。スムーズ・ジャズはソフトでメロウ(笑)な路線に走る場合がかなりの確率であるわけだが,このアルバムは比較的ビートが効いていて,どちらかと言うとドライビング・ミュージックとして使えるなぁって感じである。あくまでも気楽に聞き流せるってことで,フィットするタイミングで使えばいいということだ。ほぼメンツを固定して制作したのもうまくいった要因かもしれない。

まぁ,そうは言っても,ずっと実家に置いたままにしておいてもいいようなレベルのものではあるが,たまにはこういうのもいいねってことで。星★★★☆。

Personnel: Jeff Kashiwa(as, ss, a-fl, prog), Dave Kochanski(key, prog), Mark Stephens(key), David Benoit(p), Dave Samuels(vib, marimba), Allen Hinds(g), Tom Bevan(g), Melvin Davis(b), Steve Bailey(b), Dave Hooper(ds), Eddie Drayton(perc), Gary Gardner(perc), Tommy Hooper(ds loop), Wendell Kelly(tb), Matt Fronke(tp), Kye Palmer(tp)

2017年3月26日 (日)

久々のサッカーネタ:アジア最終予選のUAE戦を振り返る

Photo_2

危ないシーンもあるにはあったが,敵地での2-0の勝利は快勝と言ってよいものだったと思う。

今回,試合が近いのは認識していたのだが,WBCに注意が向いていて,試合の中継に気がついたのが,当日,会社から帰宅してからのことという全くの体たらくだったのだが,いずれにしても試合が見られたのはよかった。

Photo_3試合では久保の角度のないところからのナイス・ゴールで先制して,あまり時間を置かずにカウンターを食らったシーンには肝を冷やしたが,久々の代表戦となったGK川島の果敢な飛び出しで,失点しなかったのは大きかった。

今回の試合を見ていて,日本代表の戦い方に変化があったとすれば,ゴール近くでの,低くて速いパスを多用していたことのように思える。これまでのセンタリングのイメージを変えるパス出しにはちょっと驚いたが,今回の戦いでは相応に機能していたように思えた。まぁ,所謂高速クロスは酒井宏樹の持ち味であり,サイドバックは右の酒井が効いていて,左の長友がほとんど目立ってなかったことの裏返しのような気もするが...。また,ディフェンス面では,UAEで最も警戒すべきMFオマルの動きをほぼ抑えたのは大きかった。

UAE戦での活躍が著しかった今野と,FWとしての役割を果たしていた大迫の怪我による離脱は痛いが,次の相手がまだタイでよかったってところか(タイには悪いが...)。次はホームでのタイ戦であるが,当日は出張先で飲み会中のはずである。試合経過を気にしながらも,タイには圧勝することを期待して宴席に参加することにしよう(爆)。

2017年3月25日 (土)

ようやく読了:「騎士団長殺し」

Photo

「騎士団長殺し」 村上春樹(新潮社)

長年,村上春樹の本に接している人間としては,昨今のノーベル賞騒ぎや,発売日のカウントダウンなど,「おい,おい」と言いたくなるのも事実であるが,そうしたムーブメントを起こす作家がいるかと言えば,多分そんなこともないのだろう。いずれにしても,私はそうした「騒ぎ」に対しては斜に構えて見ているわけだが,いずれにしても,村上春樹が長編を発行するとなれば,「1Q84」以来なのだから,やっぱり期待はしてしまうのが,長年のファンってものだろう。一方で,これだけファンも多い人だけに,アンチも多数存在するのも世の常ってことで,世間にも賛否両論であることは間違いない事実である。

私は現在の家に引っ越してから,通勤環境が変わったので,読書に割ける時間は,以前に比べれば大幅に短くなっているから,読書量も昔に比べると激減しているため,今回の新作も結局1カ月近く要してしまった。それでも,暇を見つけては読ませるだけの面白みは感じさせるものだったと思う。

相変わらず,なんのこっちゃ的なシュールなストーリーとも言えるが,今回のテーマは副題にも見られる通り,「イデア」と「メタファー」なのだろうと思う。村上春樹の小説は,エンタテインメント的に読ませる力を持ちつつ,解釈を読み手の各々に委ねる部分が特徴的だと私は感じているのだが,今回特に私は,これって何の「メタファー」なのよ?と思いつつ読んでいたというのが正直なところだった。この何が現実で,何が現実でないかがわからない世界っていうのは,村上春樹に特徴的なスタイルだと思うが,「メタファー」については,やはり個々人の解釈によって大きく異なると思うし,現実と現実ならざるものの境界線も人それぞれってことになるわけだ。それはおそらく登場人物にも当てはまる。

いずれにしても,私には書評としてこの記事をアップすることはできないが,このある意味訳の分からない世界は,村上春樹の真骨頂って気もする。登場人物の造形も非常に面白かった。「白いスバルフォレスターの男」っていう表現からして,普通の人では絶対思い浮かばないものだろう。

毎度のごとく,音楽ネタも豊富だが,私が大いに笑ったのが,主人公の友人,雨田政彦のかカーステレオのカセットに入っているAOR群だったかもしれない。懐かしい名前の総動員みたいな感じであった。

ということで,私にとっての村上春樹の最高傑作ではないとしても,大いに楽しませてもらった。星★★★★☆。

2017年3月24日 (金)

Enzo Favata@イタリア文化会館に行ってきた

Enzo_favata東京の九段にあるイタリア文化会館は,たまにイタリア人ミュージシャンのライブが無料で見られる。それも結構真っ当な人たちが出演するので,ライブの告知はチェックするに値するヴェニューである。私は以前,Dado MoroniとMax Ionataのデュオをここで見たことがあるが,今回は全く知らないミュージシャンであったが,無料ということもあり,ネットで申し込みの上,行ってみた。

Enzo Favataという名前は,初めて聞いたが,イタリア文化会館の告知によると,「サルデーニャ島出身。1983年ジャズミュージシャンとしての活動を開始。1988年にカルテットを結成し、サルデーニャの民族音楽に、ジャズのインプロヴィゼーションや他国の民族音楽を取り入れた演奏を行う。映画音楽のほか、演劇、ラジオ、テレビ番組のための作曲もてがける。毎年夏にサルデーニャ島北部の町サンタ・テレーザ・ディ・ガッルーラで開催されている国際ジャズフェスティバル「ムジカ・スッレ・ボッケ」のディレクターを務めている。」とある。今回のライブも「ジャズ・ライブ」と銘打ったものだが,ミュージシャンは彼一人で,あとはラップトップやシークェンサーを駆使した音楽は,ジャズ的というよりも,私には映画音楽的に響いた。

ある意味,アンビエント・ミュージックに近い雰囲気もあるので,私は何度か頭を垂れそうになってしまったが,なかなか面白いライブだった。それはEnzo Favataが駆使する楽器がいろいろあったからである。ソプラノ・サックス,クラリネット,バスクラに加えて,バンドネオンやら,Jew's Harp(口琴,マカロニ・ウェスタンの音楽なんかに出てくる,口にくわえるなどして、その端を指で弾くもの),更にはサルディニアの古楽器(確か2100年前のものとか言っていたがほんまか?)まで使って,色々な音色を聞かせたからである。

イタリア文化会館のライブは,日頃,ジャズに関心のなさそうな聴衆まで集まるところは,武蔵野スイング・ホールの聴衆に近いものがあるが,それにしても,今回,「ジャズ・ライブ」だと思って来場した人には,違和感が大きかったんじゃないの?と言いたくなるようなものではあったが,そこは雑食の私(笑),全然問題なしであった。

知名度も高いわけではないであろうEnzo Favataの今回の来日がどういう理由によるものかはわからないが,今回聞かせたような音楽であれば,やはり映画音楽としてのフィット感が強いと思わせるものであった。だが,それは欧州の映画にこそフィットするのであって,決してハリウッド製の大作ではありえないって感じだろう。いずれにしても,世の中にはいろいろな音楽があるねぇと思わせたライブであった。写真はネットからの拝借。

Live at イタリア文化会館 on March 23, 2017

Personnel: Enzo Favata(ss, cl, b-cl, jew's harp, bandneon, vo,laptop, and others)

2017年3月22日 (水)

NYCに乗り込んだJulian & Roman Wasserfuhr兄弟

"Landed in Brooklyn" Julian & Roman Wasserfuhr (ACT)

_20170320前々作"Gravity",前作"Running"と非常にいいところを聞かせたJulian & Roman Wasserfuhr兄弟が約3年半ぶりにリリースする新作はNYCに乗り込んでのレコーディングである。

私は彼らの音楽をロマンティシズム溢れると表現しているが,そんな彼らが今回共演者に選んだのがDonny McCaslin,Tim Lefebvre,そしてジャズ界のプーチン(笑)ことNate Woodというどちらかというと,ハイブラウなファンクもこなす面々というのがまず意外であった。一体どういう演奏になるのかというのが,まずこのアルバムの情報を知った時の私の感覚であった。

だが,誰が共演だろうが,彼らの演奏はそんなに変わったって感じはしないが,ロマンティシズムは抑制気味に思えるが,むしろジャズ的な感覚は強くなっているように感じるのは,メンツゆえって感じがしないでもない。だが,ロマンティシズムというより,メロディアスという感覚を横溢させており,私としては1曲目の"Bernie's Tune"からして,おぉ,今回もいいねぇと思わせるに十分なものであった。"Bernie's Tune"と言っても,Gerry Mulliganがやったのとは同名異曲であり,これは兄弟によるオリジナルであるが,なかなかの佳曲である。

アルバム全体を通してもメロディアスな曲が並んでいるが,その中でこの人たちらしいのが,ロックに対するシンパシーを感じさせる選曲があるところである。今回はドイツのロック・バンド,Tokio Hotelの"Durch den Monsun"とStingの"Seven Days"が入っている。後者の途中に出てくるソロは,まるでPat Methenyのギター・シンセのような感じなのが面白いが,マリンバの使用も含めて,そこはかとなくPat Methenyの影響を感じさせるところがあるのはある意味微笑ましいが,そういう世代なんだろうなぁと思う。

どうやったら,こんな音が出るのかと思って,クレジットを眺めるとRoman WasserfuhrがSeaboardを弾いているとある。Seaboardってなんだと思って調べてみると,「革命的であり、タッチセンシティブ・インターフェースとパワー、そしてカスタムビルドのシンセサイザーをシームレスに統合し、MIDIコントローラー上前例のない表現力の可能性を開きます。」,あるいは「フィーリングとレスポンス。センサーが搭載されたSeaboard RISEKeywaveサーフェスによって、タッチでサウンドを形成することができます。シリコン製サーフェスを継続的にプレスして左右に指をスライド、Keywaveまたはリボンに沿って上へスライドすれば、それぞれの動きに合わせてサウンドがモジュレート。全てのシーボード・インターフェース上でアコースティック楽器や電子楽器を表現豊かに奏でることが可能です。」なんて書いてある。わかったようでわからん説明だが,映像があったので貼り付けておこう。これを見ると世の中進化してるねぇ(笑)。

閑話休題。そうした新しいテクノロジーも導入しながら,彼らのよさというのは不変であり,今回も大いに楽しませてもらった。何度聞いてもドイツっぽくないサウンドだが,私は彼らの音楽は大いに支持したいと思う。ということで,今回も星★★★★☆としてしまおう。共演者も,彼ららしいイケイケ感を抑制した好演で応えていると思う。

Recorded on August 13 & 14,2016

Personnel:Julian Wasserfuhr(tp,fl-h),Roman Wasserfuhr(p, marimba, seaboard), Donny McCaslin(ts), Tim Lefebvre(b), Nate Wood(ds)

2017年3月21日 (火)

Gary Burtonの引退を惜しむ

GarymakotoGary Burtonが今月の小曽根真とのデュオ・ツアーを以て,音楽生活からの引退を発表した。先日,ほぼ同い年のChick Coreaの激烈なライブを見たばかりだけに,Gary Burtonの引退は解せない部分があったが,本人は「この2年間,演奏は極力抑制してくるとともに,60年に及ぶ演奏生活からいつ引退するかについてずっと考えてきた。しかし,健康上の理由もあり,今が新生活を始める適切なタイミングだった。」と語っているので,これは我々がとやかく言うべき問題ではないということになる。

しかし,昨年,出張時に見たBirdlandにおけるMack Avenue All Starsのライブでの演奏は素晴らしいものだったので,彼の4本マレットによる生演奏がもう見られないというのは,やはり惜しいと思える。その一方で,Gary Burtonが残したアルバム,業績は素晴らしいものであり,それはもはやレガシーの領域だと言ってもよい。

彼がライブの最後のパートナーに小曽根真を選んだのは,Chick Coreaが楽旅中だったからだということもあるだろうが,師弟コンビによる演奏で,音楽生活を締めくくるというのも,教育者としては「あり」の選択だったのかもしれない。

いずれにしても,Gary Burtonには感謝の念を示すとともに,お疲れさまでしたと言いたい。

«アイスランドのピアニストが生み出す素晴らしく美しいピアノの響き

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)