最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

2017年2月21日 (火)

Tinariwenの新譜が出た。どれを聞いても同じって話もあるが,このグルーブには抗えない。

"Elwan" Tinariwen(Wedge/Anti)

_20170219_2早いもので,私がこのブログでTinariwenの記事を初めて書いてから,7年半近くの時間が過ぎてしまった。その間にアルバムが出るたびに,「砂漠のブルーズ」と称される彼らが生み出すグルーブが聞きたくて,必ず購入しているのだから,私の音楽的な嗜好とフィットしているってことになるだろう。

昨年リリースされたライブ盤から約1年という短いインターバルでリリースされた新作は,相変わらずのTinariwenである。主題にも書いた通り,どのアルバムを聞いても,同じに聞こえるって気がしないでもないが,このグルーブには抗いがたい魅力がある。もちろん,アルバムの収録曲には結構メリハリがついているので,全然退屈するような音楽ではないし,歌詞を読んでいると,結構プロテスト・ソングだなぁなんて思わせるものもある。しかし,言葉は別にして,私を惹きつけるのはやはり彼らの生み出すゆったりしたグルーブなのである。

彼らのサウンドは相変わらず呪術的とも思えるが,こういう音楽に魅力を感じる欧米のミュージシャンが多いことは,Tinariwenのアルバムにゲスト参加するミュージシャンが結構多いということからも明らかだが,ある意味では普遍的な魅力を有していることの裏返しと捉えることもできると思う。彼らが参加した曲はやや異なる雰囲気を作り出す瞬間もあるが,それがTinarwenの音楽ときっちりブレンドしている。例えば,"Talyat"に聞かれるアコースティック・ギターは,ゲストの影響もあってかむしろ欧米的な響きを持っている。また,"Nannuflay"にはMark Laneganがヴォーカルで加わるが,彼の歌は完全にアメリカンだが,Tinariwenのグルーブに乗った英語詞の響きも面白かった。そうしたヴァリエーションも含めて,何度聞いてもやはり魅力的な響きである。ということで,星★★★★☆。

尚,アルバムには11曲しかクレジットされていないが,隠しトラックが2曲あるので,最後までちゃんと聞きましょう(笑)。

Personnel: Ibrahim Ag Alhabib (g, vo), Abdallah Ag Alhousseyni (g, vo), Alhassane Ag Touhami (vo, g, clap), Iyad Moussa Ben Abderahmane(g), Elaga Ag Hamid (g, vo, clap), Eyadou Ag Leche (b, g, vo, clap), Said Ag Ayad(perc, vo, clap), Iyad Moussa Ben Abderahmane(g), Mina Wallet Oumar(you-you), Amar Chawoui(perc), Kurt Vile(g), Matt Sweeney(g), Alain Johannes(g), Mark Lanegan(vo) and Others

2017年2月20日 (月)

極めて真面目に作られた「沈黙 -サイレンス-」

「沈黙 -サイレンス-("Silence")」('16,米/台湾/メキシコ)

Silence監督:Martin Scorsese

出演:Andrew Garfield,Adam Driver, Liam Neeson,窪塚洋介,浅野忠信,イッセー尾形

今年,2本目となった映画が本作である。これは正直もっと早く見たかったのだが,ようやくである。

遠藤周作の原作をMartin Scorseseが映画化すると聞いた時には驚いたが,そもそも「神の沈黙」という重い主題を持つものであるがゆえに,米国内の興行は相当苦しいように見受けられる。しかし,興行成績はさておき,これは本当に真面目に作られた映画であり,原作にほぼ忠実に描かれているように思う。

そもそもが難しいテーマを提示した映画であるから,ちゃらちゃらしたところなど皆無,エンタテインメントとして見るべきものではないが,映画が終わった後の館内の静寂は,非常に趣深いものがあったと思う。日本の映画の観客にはエンド・ロールの時に,席を立ってしまう人が多いことには常々批判的な私だが,今回は席を立つ観客が極めて少数だったことに,観客もこの映画に打たれたことを示すように感じられた。

iMDBのレビューは相対的にはポジティブであるが,完全否定モードのレビューも多数存在するところに,この映画の特徴があると思うが,否定的なレビューはドラマの本質について語っていないように思えてしまう。確かに長いのは事実だが,161分という尺を感じさせないドラマがあったと私には思えた。

俳優陣ではイッセー尾形のいやらしさが特筆ものである。

いずれにしても,Martin Scorsese,「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の次にこんな映画を撮るなんて,ギャップがあり過ぎだが,これもScorseseの一面ということで,私は高く評価したい。星★★★★☆。これを見ると篠田正浩版の「沈黙」もちょっと気になるなぁ。

ところで,音楽ではThe BandのRobbie RobertsonがExecutive Music Producerとなっているが,正直言って,音楽なんてほとんど出てこないに等しいので,彼の役割は不明(苦笑)。

2017年2月19日 (日)

ようやく到着:Chris ThileとBrad MehldauデュオのLP。

既にこのブログにも書いた通り,Chris ThileとBrad Mehldauの新作デュオ・アルバムのLPには,Fiona Appleの"Fast as You Can"がボーナス・トラックとして収録されているため,Brad Mehldauのコンプリートを目指す私としては,どうしてもそれを手に入れなければならない。

ということで,Nonesuchのサイトで発注して,現地から発送の通知が来たのが,1/20であった。なかなか現物が届かなくてイライラさせられたが,それがようやく約3週間を要してデリバリーされた。その曲については,まだ聞いていないが,そのうちゆっくり聞かせてもらうようにしよう。

海外からの発送についてはこういうこともあるのは承知しているが,前回,Mehldauのソロ・ライブのLPボックスを仕入れた時は,確か正式発売日よりも前に着いたことを考えると,何だか違いが大き過ぎである(笑)。まぁ,でもちゃんとゲットできたんだからそれはそれでいいのだが。

ということで,次は国内盤CDにしか収録されない"Dark Turn of Mind"のために,国内盤CDのデリバリーを待つ私である。バカにつける薬はないって感じだが,せっかくほぼコンプリートなのだから,頑張るしかないのである。

ついでに行ってしまうと,ジャズ界のおんどれ君ことOndřej Štveráčekの"Sketches"を本人に頼んで,郵送してもらっているところだが,現物が到着する前に,新宿のDUで買えるなんて告知が。まぁ,いいんだけど。

2017年2月18日 (土)

Karen Beth:日本っていうのはいろんなCDが手に入るねぇ。

"New Moon Rising" Karen Beth(Buddah→Sony)

_20170218_2新譜もそこそこ届いている中,突然のようにSSW系の音楽が聞きたくなって,購入したのがこのCDである。このアルバムはJohn Simonがプロデュースした,ウッドストック系のアルバムとして,知っている人はみんな知っているが,基本的にはマイナーである(笑)。そもそもこんなアルバムがCD化されて,カタログに載っているということ自体が凄いことだと思うが,それだけマニアックなまでにこういう音楽に惹かれるリスナーが相応に存在するということであろう(私もそうだが...)。

まぁ,John Simonプロデュースのアルバムってのは,それだけでありがたがられるところがあるが,私はJohn Simonがプロデュースすれば,何でもいいと思っているわけではない。しかし,ツボにはまると本当にどっぷりはまってしまう,そういう魅力を持ったアルバムが多いのは事実である。

私がこのアルバムを聞くのは今回が初めてだが,非常にアコースティック・ギターの響きが魅力的で,女性シンガー・ソングライターとして,声も素直な感じのアルバムだと思えた。私がSSW系の音楽に求めるのはどちらかというと「渋さ」なので,そっち系の音楽に関しては,女性ヴォーカリストの保有枚数は限定的である。だが,これって結構好きな人が多いだろうなぁと思わせるような「聴きやすい」アルバムと思う。かく言う私もこういうのって好きである。このアルバム,私にとってのキモはギターのサウンドなのだ。それがKaren Bethの声とフィットして丁度いい感じを生んでいる。

ジャケの朴訥感など,大いに時代を感じさせてくれるが,初めて聞いてみて,これはいいと思った。こういう音源が簡単に聞けるということは誠にありがたい。日本ってそういう意味ではいい国である。星★★★★☆。

Personnel: Karen Beth(vo, g), Billy Voyers(g), Kal David(g), John Hall(g), Bill Keith(pedal steel), John Simon(key, vib), Harvey Brooks(b), Joey Bell(b), Billy Mundi(ds), Chris Parker(ds), John Hartford(vln), Rick Tivens(vln), Harold Lookofsky(vln), Howard Leshaw(fl)

2017年2月17日 (金)

今更ながら,本当にいいアルバムだと思える"Songs in the Attic"

"Songs in the Attic" Billy Joel (Columbia)

_201702111970年代後半から1980年代前半が,アーティストとしてのBilly Joelのピークだったと思えるが,ミュージシャンとしての人気がブレイクしている時に,それまであまり知られなかった曲を集めたライブ盤という,コンセプト・アルバムである。現在,私が保有しているBilly Joelのアルバムはベスト盤を除けば,本作と"The Stranger"だけという感じだが,やはり最も脂の乗っている時期に,こうしたレパートリーで構成された本作の位置づけは非常に重要だと思える。

とにかく,大ブレイクする前のアルバムからの曲とは言え,そこそこは売れていたものであったとしても,改めてここに収められた曲のクォリティの高さは驚異的だと言ってよい。1980年6月~7月の各地での演奏を集めたものだが,当初から,こうしたアルバムをプロデュースするために録音していたと考えて然るべき見事なライブ盤。このクォリティを前にしては,多言は無用。傑作である。星★★★★★。

Recorded Live in June and July, 1980 at Varous Locations

Personnel: Billy Joel(vo, p, synth, hca), Liberty DeVito(ds, perc), Doug Stegmeyer(b), Russell Javors(g), David Brown(g), Richie Connata(sax, fl, org)

2017年2月16日 (木)

来日目前:Joey CalderazzoのBlue Note音源を改めて聞く。

"The Traveller" Joey Calderazzo(Blue Note)

_20170212_2来週(2/20-23),Cotton ClubにOrlando Le FlemingとDonald Edwardsとのトリオで出演するJoey Calderazzoであるが,私は長年彼を推してきたにもかかわらず,これまで彼のライブにはほとんど縁がなかった。それはタイミングの問題が一番大きいのだが,今回はようやく彼の生の演奏に接することができる。もしかすると,Michael Breckerのバンドが90年か91年頃,NYCのTown HallにおけるAndy Summersとのバンドとのダブル・ビルで行ったライブで,ピアノを弾いていたのは彼だったかもしれないが...。遠い昔で記憶の彼方である。いずれにしても,私はJoey Calderazzoのピアノが最もよかったのは90年代前半,Blue Noteレーベルに吹き込んだ3枚の頃だと思っている。今日はそのうち,3作目でピアノ・トリオ・フォーマットによる本作である。

本作も冒頭のCalderazzoのオリジナル,"No Adults"から快調なピアノで,最初からぞくぞくさせてくれる。本作はCalderazzoのオリジナル3曲に加えて,John Patittucciのオリジナル1曲,そして結構有名なジャズ・オリジナルやスタンダードで構成されているが,ピアノ・トリオの実力を知るには適切なプログラムだと思える。2曲目は"Blue in Green"はバラッド表現,3曲目"Dolphin Dance"はHerbie Hancockとの比較等の観点である。

そして,このアルバム,2組のトリオから構成されているが,結構違いがあって,それも面白い。Pattitucci~ErskineとJay Anderson~Jeff Hershfieldというリズムのどちらが好みかはリスナーによるだろうが,どちらも悪くないとしても,Joey CalderazzoにフィットしているのはPatitucci~Erskineの方だと思える。だがAnderson~Hershfieldとのコンビネーションも決して悪いということではなく,"Black Nile"なんていい演奏だと思う。どちらがいいかというのはあくまでも感覚的なものであるが,Joey Calderazzoの当時のピアノ・スタイルからは,私は前者を推すというだけのことである。

Blue Noteに吹き込んだ前2作は,第1作"In the Door"はMichael Breckerの,第2作"To Know One"はJack DeJohnetteとCalderazzoの共同によるプロデュースということもあり,豪華なホーン・プレイヤーを擁したものだったのに対し,本作はピアノ・トリオによる演奏ということで,ライナーにRichie Beirachも書いている通り,Joey Calderazzoの本質を更に表現できるかの「テスト」だったと言えるが,楽々我々の期待をクリアしてしまったという気がする。やはりBlue Noteレーベル時代のJoey Calderazzoはいけていた。どうせならフェード・アウトなんかしなけりゃいいのにと感じさせる部分はもったいないが,今聞いても十分楽しめる。しかし,これがリリースされてから四半世紀近くが経過してしまっているという事実に愕然とした私であった。星★★★★☆。

Personnel: Joey Calderazzo(p), John Patitucci(b), Jay Anderson(b), Peter Erskine(ds), Jeff Hershfield(ds)

2017年2月15日 (水)

こんなCDもありました:Neil Swainsonの"49th Parallel"

"49th Parallel" Neil Swainson Quintet(Concord)

_20170211_2保有していることはわかっていても,すぐに取り出し可能な一軍の棚からはずれたCDの収納場所はたまにしか見ることがないのだが,それでも比較的取りやすい場所に置いてあるので,たまに聞いてみようという気持ちになるものである。本作も,たまたま目についたので久しぶりのプレイバックとなった。

本作は何と言っても,Woody ShawとJoe Hendersonというフロントが購入のポイントであったことは間違いないところだが,いかんせんジャケがいけていないので,聞こうって気がなかなか湧いてこないというアルバムである。しかし,87年5月という,Woody Shawにとってのスタジオ録音作としては最後期に位置づけられるものであり,やはりこれは聞いておかねばと思わせるものである。

フロントの2人以外はカナダ人の面々であるが,演奏自体はおおむね快調である。ピアノを弾いているGary Willimasonの名前は,ほかでは聞いた記憶がないが,ドラムスのJerry FullerはPaul Desmondとの共演でよく知られている。全6曲中,5曲はリーダー,Neil Swainsonの作曲,最後の"Homestretch"のみジョーヘンのオリジナルであるが,変わったことは全然やっておらず,コンベンショナルな中にも,結構躍動感のある演奏と思える。だからと言って,無茶苦茶いいというほどではないとも思うが,まぁ保有していても損はない(笑)。

それにしてもWoody Shawである。このアルバムには"This recording is dedicated to the memory of Woody Shaw."と書かれているので,リリースはWoody Shawの死後ということになるが,44歳での早逝はあまりに惜しいと思わせる演奏である。星★★★★。

Recorded in May 1987

Personnel: Neil Swainson(b), Jerry Fuller(ds), Joe Henderson(ts), Woody Shaw(tp), Gary Williamson(p)

«Velentine's Dayには"My Funny Valentine"

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)